証券用語

株価収益率
かぶかしゅうえきりつ

印刷

PER(ピーイーアール、またはパー。price earnings ratioの略称。) ともいう。
投資判断指標の1つ。 株価を1株当たり当期純利益で除したもので、株価が1株当たり当期純利益の何倍まで買われているのかを示すものです。
株価収益率が高いほど、利益に比べ株価が割高であることを示し、逆に、株価収益率が低いほど、株価が相対的に低いことを示しています。
株価収益率の基本的な特徴は、株価の相対的水準を測る尺度として、株式利回りを算出する際に使用する配当金(株主に分配される部分)に代えて、当期純利益を採用していることにあります。

■東証・株価検索をお使いの方へ
  • 株価検索サイトでは、決算短信の実績「一株当り株主資本」と「前日終値」を使用して、日々更新しています。
  • 前日終値がない場合は、特別気配を採用します。特別気配値が前日になかった場合は、過去に遡及して、特別気配値>終値の優先順位で価格を採用します。なお、決算短信をTDnetにて発表していない企業(例えば、新規公開企業)については、表示しません。 TDnetにて本数値を発表した翌日から表示します。

  • 決算短信の数値をベースにして算出するため、分割、減資等の際も修正は行いません。

ページの先頭へ